読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うんこ

行きたかった学部の大学全て落ちた

結局県内のウンコ大学へ進学することになった


校内では底辺を這いずり回り将来の夢もなく課題や内容が全く理解できない授業に苦しむ日々を過ごした高校生活

2年生のある日、ちんげ塾の勧めによりある文系学部に興味を持つ

しかし時すでに遅し、なぜか理系クラスに在籍していた僕はなかなか文系に転がる決意が出来なかった


そして高3になり1ミリもわからない物理化学数学に苦しみ文系に行きたいという気持ちが強まる

しかし志望校もなかなか決まらず理系の回し者の担任は文転を安易に許さない


物理やってるなら物理やってた方がいいというわけのわからないことを言い出すが反論できない僕はそのまま教科書の一番最初すら理解できない物理を続けることになる


数ヶ月にわたり理系をやめたいと相談し続け11月ごろにようやく先生が文転を許可してくれる


しかし11月だと何もかもが遅すぎる
特別編成授業も理系タイプに決まってしまっていた


そしてセンター利用の文系は全部落ち
一般の前期後期も全滅


結局県内のよくわからない大学に行くことになった


他の人より努力が足りないのはわかっているが底辺なりに頑張ったつもりでいたので頑張ったこと全てが無駄になった気がして流石に落ち込む

なにより高3で初めてまともにできるようになった教科である政治経済を利用して受けた大学全て死亡

進学先は政治経済使いません

果たして、このまま大学でモチベーションを上げられるのでしょうか。。。。。やる気がでずにさらに底辺をさまよいそうな気がします