オワコンの地:ワソポタミア文明

3〜7世代やってます Twitter→@seseragi3721

特技がない

学力がうんこに群がるハエ並みになった俺は人前で堂々と自慢できるものが何もないことに気がついた

運動は全くといっていいほどできないのは昔から変わらず。小中高通して体育の成績は圧倒的最下位レベルオマケに走り方がおかしいので俺が走った瞬間爆笑の渦が巻き起こる。高校の頃に俺と張り合えるくらい運動ができない奴がいたことにはいたがそいつは成績がトップクラスだったので完全に俺の上位互換であった

学力筋力がないならば芸術面はどうだろうか?思い浮かぶものは歌や絵、工作だろうか。
まず歌だが小中高の音楽の成績はどれも普通。しかし普通といってもただ出席しただけで歌が上手かったかと言われたら首をかしげる
その証拠に本当にたまにカラオケに行くことがあるがまともに1曲歌い切ることすらできない
中学の頃合唱コンクールで歌の練習の時皆が笑っていたので不思議に思っていたら後に俺の歌が下手すぎて笑われていたことが発覚した


次に絵だがこれまた小中通して成績はうんこレベル、中学の時は美術の成績の技術の項目で2つ中2つCを取った(ABCの三段階でもちろんcが一番駄目)。そしてその美術の時間で他の人の作品を見て回りコメントを書いた付箋を貼って回るという時間があった。1人が持てる付箋は3枚までだったのでまぁ1つ以上は誰でも貰えるだろうということである。実際、みんな付箋を1枚以上貰っていた。しかし自分だけ付箋は0枚であった。この事態を重く見た俺は友人にお前のやつめっちゃべた褒めしたコメント貼り付けておくから俺のなんでもいいから書いてくださいと半泣き状態で頼んだ。友人は承諾してくれた。そして全ての付箋を消化した俺は自分の席に戻った、しかし俺の作品には付箋が1枚も付いていなかった。俺はさっき頼んだ友人に文句を言いにいった、そしたらこう言われた「書こうとしたけど書くことなかったW」俺は「ふざけるな」と言おうとして「ふ」まで言った時に気がついた「たしかにそうだ仕方ない」って。俺は自分の作品を見直した、ゴミすぎて早く帰って捨てたいと思った

工作はまともに課題こなせたことないわ



まぁつまりなんというかマジで特技がない
自己紹介カードみたいなもん書かされる時よくあるじゃん?あれの自分の長所とか趣味とか書くものが一切ないわけ
本当に泣きそうになるねうん


あと去年こんなん書いたけど→うんこ - オワコンの地:ワソポタミア文明

本当に底辺だわ今
必修の内容が1ミリも理解できん

終わったわ

色々と